三重県津市 むち打ち|ひさい脳神経外科クリニック|脳神経外科専門医

〒514-1101 三重県津市久居明神町2336 [P12台あり]

059-253-2767

MENU

むち打ち症

むち打ち症とは

むち打ち症とは、自動車の追突事故やスポーツを行っている際に主に頸部にて不自然な力が加わることで、頸椎が過伸展し、その直後に過屈曲が起きたことによる頸部の軟部組織の損傷のことを言いますが、医学用語では外傷性頸部症候群、あるいは頸椎捻挫とも呼ばれています。

なお最近は軟部の損傷だけでなく、脳脊髄液の減少による低髄液圧症候群(外傷などによって脳脊髄液が漏出、それに伴って頭痛やめまい、耳鳴りなどが起きる)との関連も指摘されるようになったことから、整形外科だけでなく、脳神経科で診療するケースも増えてきています。

むち打ちの症状

主な症状は、頸部の痛みやしびれ、頭痛、耳鳴り、首の可動域制限、吐き気などです。
交通事故に遭ったもののこれといった症状がないという方も一度ご受診ください。
当院では、頭部CT検査を行い、むち打ちの症状だけでなく、脳の異常の有無についても検査します。

むち打ちの治療について

むち打ちの治療については、首に装具(カラー)を着けて固定し、安静させる保存療法のほか、対症療法として、痛みを抑える薬(NSAIDs など)を使用します。
多くの場合、数日で症状が和らぐようになりますので長期間の安静や固定は必要としませんが、人によっては慢性的な肩こり、頭痛が現れることもあります。

医院概要

クリニック名
ひさい脳神経外科クリニック
住所
〒514-1101
三重県津市久居明神町2336
※P12台あり
電話番号
059-253-2767
診療科目
脳神経外科 放射線科
院長名
古川 和博(ふるかわ かずひろ)

診療時間

09:00 ~ 12:00
13:00 ~ 15:00
16:00 ~ 19:00
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日は休診

アクセス

近鉄久居駅より三重交通バス「三重中央医療センター」行き
終点「三重中央医療センター」下車、すぐ。
近鉄久居駅よりタクシーで約8分
伊勢自動車道久居インターより国道165号線に出て1つ目の交差点(イオンとマクドナルドの角)を北へ約400m
このページの上へ